羽越新幹線2021 漆

 前回北海道東北新幹線のはやぶさ代替について北海道羽越上越新幹線での考察をしてみたが、今回はあくまで私論ルートからダイヤ考察をしてみたい。

 ルート設定は過去のエントリーを参照お願いします。


スポンサーリンク

まずはスタンダード各駅停車版から

 各駅停車版は東京まで全線運行はないものと仮定する。新潟発か秋田発から思う。ちなみに新潟〜秋田間GA2時間の想定、秋田〜新青森間が1時間17分の想定だ。

 なお北陸新幹線と上越新幹線だけで完結するダイヤは既存のE7/W7系のみの運用とするので、羽越新幹線の実質上越妙高〜長岡間はE7/W7系のみを走らせる。この各駅停車版は既存のE6系か新規のE8系で運用する。従って新潟以北の羽越新幹線各駅停車ダイヤを掲載していない。
 その場合恐らく金沢〜新潟間で運行の設定(仮称<新生>つるぎ?)となるのではなかろうか?

ただしダイヤの都合上、上越新幹線を速達タイプとし羽越新幹線内では各駅停車タイプに変えるというのはアリなので、そこはダイヤグラマーに任せる。

スポンサーリンク

羽越新幹線速達タイプ

 速達タイプと言っても様々なバージョンが存在するはずである。高崎は通過するけど越後湯沢か燕三条は停車するよ・・・とか。

 従って一応高崎・長岡停車をスタンダードプランとし、新鶴岡・新酒田・秋田・(仮称)津軽を停車とするスタンダードプランを考える。

 そこからすると新潟まで1時間45分、秋田まで3時間5分となる。